レストランや物屋くんなどに入ると明るくいらっしゃいませと笑顔で返して受け取る方もいれば、むすっとボソッとお辞儀して来る方もいらっしゃる。そのお店舗のレベルにも因るのかもしれませんが、最低限の応対行儀というものはあると思います。かりに宿屋だろうがコンビニエンスストアだろうが笑いのお辞儀は最小限必要なものではないかと常々感じます。応対として働いてる以外、ユーザーを受け入れる現実であるのだからそのことを指しなくてはいけないのではと思います。さわやか応対をできると自然と有難うと言いたくなりますが、そっけない対応の弱い応対をされると、なんなんだとツンとした言動をとってしまう。その人の言動でこちらの思いも変わってしまうので、応対って奥が深くもの凄くなぁと感じます。