去年一月に脳梗塞を発症し、即日入院となり、それまで仕事をしていましたが突然打ち切りとなりました。当然次の方への業務引継ぎは出来ず大変に困惑をいたしました。会社は理解があり、しばらくは待っていますという有難い言葉を貰いしたが、時間のかかる病気で後遺症も心配でしたので結局は仕事を断念いたしました。入院二週間は危機的な状態でしたが何とか持ちこたえ命は助かりました。お世話になった人には電話が出来ないため手紙を送りました。突然の事でびっくりされたと思います。

入院当時は、身体にチューブを何本も入れられた状態で当然歩けませんので、トイレなど車椅子で看護師の方にお世話になりました。チューブは生理水の点滴、抗生物質の点滴、酸素の補給、食べ物の胃への注入管、そのほかバルーンという尿を膀胱から直接取り出す物などチューブだらけにされました。そのような状態でもリハビリは始められ、少しでも体を動かさないといけないようでした。ひと昔は温泉治療だった事を考えると進歩したものです。

治療も一段落したところで転院をし、本格的にリハビリをいたしました。入院は結局四か月に及びました。人生初の経験でした。回復は初期の段階で飛躍的に良くなり、装具や杖が有れば何とか歩行が出来るようになりました。以前は歩く事が好きでしたので回復が早かったのではといわれました。現在は週一回のデイケァに通っています。

お世話になった方々には感謝しかありません。

どうも誕生日の「数字」で性格を見るのを止められません。会社で働いている時はなかなか気になっていても相手の誕生日まで知る機会がありませんでしたが、フェイスブックやアメブロをされている人はけっこう誕生日を載せているのでつい知り合ったり、関わりのある人の性格の「数字」は調べてしまいます。

家族の性格はもちろんのこと、弟のお嫁さんや姪の数字まで把握しています。特に1歳数か月ですが、姪はわたしと同じ「数字」を持っているので可愛くて仕方がありません。好奇心いっぱいで愛想も良くて、勘がいいところも「三碧」の性格そのままです。

元気に走り回っていますが、けっこうシャイな部分もあるなぁと思います。幼児なので他の子も同じでは?と思われるかもしれませんが、機転が利く感じも空気が読める感じもまちがいなく「三碧」です。音楽にも興味があるのか仏壇のおリンを鳴らすととっても喜びます。

去年のクリスマスには木琴をプレゼントしたのですが、その時も鳴らしてはとってもいい笑顔でした。よく食べるのにちゃっかり風邪を保育園でもらって来たようですが、その繊細さも納得出来ます。伸び伸び育って欲しいなぁと思いますが、お嫁さんが「二黒」なので真面目だから大きくなると躾に厳しいかな。ちょっと心配だけど、気にせずガンバレ~。

そういえばこないだしゃべくり007見てて思ったんだけど、ネプチューンの堀内健の顔色がヤバかった…。過去にもホリケンの顔色が悪くてネットで話題になったことあったんだよね。見てるとなんか調子よさそうな時と、墓から這い上がってきたんじゃないかと思うくらいドス黒くて土色みたいな状態の時がある。こないだのテレビでは顔が土色で本気で心配するレベルだった。テレビの映りが悪いのか、気のせいなのかと思って速攻ネットで検索したらやっぱり同じように感じた人たちがいたから気のせいではなかったと思う。

自分の周りで調子悪そうな時のホリケンみたいな顔色の知人が一人もいないので、その状態でテレビに出ているとゲストの話とか全く入ってこなくて、ずっとホリケンを目で追っちゃうんだよね。それでも笑ったりふざけたりしてちゃんと仕事?をしている様子ではあるんだけど、無理してるのか本当に元気なのかは分からないし。

噂では重度のアトピーで掻きむしったりして皮膚が重大ダメージを受けているとか。それをドーランで隠すので顔色が普通じゃなくなったり、命にかかわる重病説まであって何が本当か分からないから何とも言えないけれど、ホリケン好きだから重病じゃないといいな。

アトピーって薬で症状抑えたり、治したりすること出来ないのかな。