私の苦手なことは、本当は好きなのかもしれない話。

私は料理が苦手です。主婦の私は毎日ご飯を作っています。ほぼ、買ってきたり外で食べることはありません。毎日作るのは本当に大変です。
料理が好きな人だったら楽しいでしょう。でも、私は苦手というか、嫌いなのです。できれば作りたくない!誰か作ってくれる人がいれば作ってほしいです、正直。

でも。なのに。たまに、ごくたまに私、料理作るの好きなのかなって思うことがあるのです。それを思う瞬間は、楽しく料理のレシピサイトを見ているときです。おいしそうな料理を探しているときです。
何かその時間が楽しくて、すごい時間を費やしています。そして、実際にレシピを見て、これ作って食べてみたい。と思い、作って上手にできた時。そして、食べてみたらとてもおいしかった時。
それに加えて家族のみんながおいしいと言ってくれて、全部食べてくれた時に本当に嬉しいいです。

最後までみんなが全部食べてくれ、嬉しいと満足する瞬間全部含めて、私って料理好きかもと恐ろしい錯覚を起こしてしまいます。
あとは、少しだけ材料が余ったときに何かに使えないかな~と調べぬいて作ったとき。
材料を腐らせず、捨てることもなく使い切った時にやったーとすごい感動します。そんな私、本当は料理が好きなのでしょうか。恐ろしい謎です。