沖縄のオスプレイ墜落事故について

沖縄でのオスプレイ墜落事故について思うこと。沖縄では過去、ヘリコプターが大学敷地内に墜落したこともあり、また沖縄本島の中央部に大きな基地もあり、在留米軍の軍属による様々な事件のあることから、沖縄からのアメリカ軍基地の撤去を求めている。沖縄は、第二次世界大戦、唯一の本土決戦の地であり、長く苦しい生活を送っている。

そんな中で、墜落事故はこのいろいろなことを踏まえて簡単には解決しない問題である。アメリカ側はオスプレイ自体の問題ではないと飛行再開に踏み切った。機体自体になくとも操縦に問題があるのであれば、頭の上を飛んでいる物体におびえて生活している人々には重大な問題である。日米地位協定がどのようなものであれ、日本政府はもっと毅然たる態度でのぞむ必要がある。